MENU

 二つ年上だった男性とお付き合いをしていた頃があって、その頃はとても幸せな気分を味わっていました。
優しかったし、性格的な部分の相性も良いと感じていたし、ずっと長い間付き合っていけるようなそんなイメージを持っていたんです。
彼私の事を初めて抱いた時「以外に初心なんだね」って言ってきました。
もちろん私は処女ではありませんでしたけど、セックスの回数は決して多くありませんでした。
その理由として、挿入されるのに性交痛が嫌だったんてす。
女の人は挿れられて感じるものって思ってしまうかもしれないですけど、私は挿れられると痛みを感じてしまうんです。
ちゃんと濡れていても男性の硬いものが入ってくると辛くって、だからいい気分になれるのは愛撫の時だけでした。
それでも彼と付き合い始めてからそれなりに挿入を受け入れてはいたのですが、彼はとっても元気な人だったから周囲に2、3回は体を求められていたんです。
もちろんそれだけ挿れられてしまうほけですから、次第に憂鬱な気分になってしまっていました。
最初のうちは我慢できたけれど、週に何回も求められてしまう事もあって、やっぱり気分が良くありません。
それで拒否をすることも出てきてしまい、彼もかなり嫌な顔してしまっていました。
それでもデートは続けていたし、自分自身はイチャイチャするのは大好きだからそれは楽しみだったんです。
男性は挿入して射精をしたいという気持ちがとても強いですから、彼の態度がだんだんよそよそしくなってきたんです。
次第に連絡も少なくなってきて、本当に疎遠になってしまったんです。
あれから2年が経過していますけれど、新しい彼氏はいません。
やはり1人の生活というのはとても寂しいものがあるし、またイチャイチャ楽しみたいなという気持ちもありました。

だけど挿入されちゃうことを思うと、積極的に男性との関係を作ることができなかったのです。
挿入なしでも大丈夫な、そんな関係ってないのかなってずっと考えちゃっていました。