MENU

 彼氏がいるのにもかかわらず、別の男性との添い寝を楽しんでいる友人のミキの発言にはただただ驚かされるばかりでした。
最後までの関係を求めてくることがない男性がいる、これが分かって本当に興味を感じてしまったのです。
挿入されるのが嫌な私にとって、そのような男性はとっても必要な存在に感じていました。
女性誌で見てからずっと気になっていた添い寝だけの関係上、寂しい気持ちもかなりたくさんになっていましたから、そんな相手を探してみたい気持ちはかなり強くなっていたのです。
実際に添い寝の相手を探した友人なのですから、ソフレの作り方なんか知っているわけです。
彼女からその方法を引き出すことで、私も挿入を求めてこないような男性を探せるかもって気持ちになったのです。
彼女に添い寝フレンドの作り方を聞いて、相手探しを欲しいという気持ちになりました。
「そういう関係の相手って、どうやって探せばいいの?」
「やっぱり興味ある?」
「うん、求めてこないような男性はいないと思ってたけど、本当にいるんだから関係を持ちたいなって思っちゃう」
「こういう特殊な関係だから、やっぱりインターネットを使うのが一番だよ」
リアルな世界で添い寝だけの関係を作る男性を探す、これって不可能に近いと思います。
まさか男性に「挿入なしでも平気?」なんて事は女性の口から言えるわけもありません。
そんなことを話てしまったら、一気に噂が広がってしまって肩身の狭い生活をする事になってしまいます。
インターネットだったら匿名性が高いし、このような発言をしやすい環境があります。
「インターネットのなにを使えば相手を探すことができるの?

とっても気になってたんだよねソフレっていう関係」
「そうだよね、挿入されるの怖いんじゃ、こういう関係が一番だもんね」
「うん」
「出会いを探すサービスってたくさんあるでしょう、ああいうのを上手に使っていく事で相手探しができるよ」
そして詳しい話を教えてくれたのです。