MENU

 大学時代の友人のミキの話を聞けば聞くほどに、添い寝フレンドの良さを実感していきました。
話まで聞いてもらったりして癒やしまで与えてもらえる、挿入を求めてこないのだから私もどうしてもこのような関係を作らなければって思ったのです。
2年間も彼氏がいなくてとても寂しい気持ちを持っていましたから、友人の使った出会い系サイトに登録することにしたんです。
「PCMAXは優良出会い系サイトだからたくさん男性がいるし、草食系の人をみつけるのも難しくはないよ。
プロフィールとか掲示板で、挿入なしの関係をしっかりとアピールしてみたらどお?」
こういうことも言われていましたから、かなり期待した気持ちを持って利用することにしました。
女性は完全に無料で使えるし、じっくり探していく事で希望に添う相手を探すことができる予感がしていました。
掲示板の中でも添い寝だけの関係でと言う事を強調して、相手募集をしてみたのです。
するとたくさんのメッセージが届けられてきました。
ワクワクドキドキした気分でメールを開封して内容を読んできました。
意外にもこのような添い寝フレンドといった関係に興味を持つ男性は多いようで、ぜひ関係を持ちたいと言うような内容のを受け取ることができました。
何人かの男性とやりとりを始めたのですが、その中で1人だけかなり草食な雰囲気を漂わせた人がいたのです。
彼は25歳で年下の男性でした。
物腰がとても柔らかくって、本当に優しいなってイメージが強くなっていきました。
LINE交換して通話もしてみたのですが、メールの雰囲気と本当におんなじでビックリ。
この人かなり安全なんじゃないかって気持ちになっていきました。

それとLINEのアイコンの写メなんだけど、羽生結弦君個体にキュートなイケメン君。
次第に彼に心が傾いていったのです。